So-net無料ブログ作成
検索選択

アルミホイール裏面のお掃除(クラフトN 超強力酸性アルミホイールクリーナー) [クルマ]

本日アルミホイールの掃除をしました。正確にはここ1ヶ月で3回目なんです。
以前にもここで紹介したケミカル(マグアイアーズのホットリムホイールクリーナー;以下ホットリム)で掃除して
表面は奇麗になりましたが、裏面にこびりついたブレーキダスト(黒いサビ)は6年半の放置プレイのため
ホットリムやパープルマジックマグナショットで落とす事ができず、半ばあきらめかけておりました。

アルテッツァのアルミホイール裏面には微妙な凸凹の処理が施してあって、ダストがこびりついてしまうと
ダスト除去にえらく苦労します。裏面なんか凝らなくてもいいのに・・・
ツルンとした表面のホイールであれば、掃除がもう少し楽になると思います。

余談になりますが、ホットリムはかなり効果あります。ホットリムで掃除した一週間後にパープルマジックを
使用しましたが、気持ち悪い紫色の洗浄液が全く出ませんでした。
高価なのが欠点ですが、ホイールクリーナーでよくあるパーマ液の臭いが苦手な人にはおすすめです。

今回使用したのがヤフオクで落札したクラフトNさんの"超強力酸性アルミホイールクリーナー"。
http://craft21.hp.infoseek.co.jp/gazou.htm#alumi
酸性クリーナーのため強力です。肌に付着すると危険なためゴム手袋とゴーグル、マスクの完全装備は必須です。

クリーナーを吹き付けてしばらく待ってからブラシで擦り、を繰り返したのですごく疲れました。
超強力の名に恥じず、力(腕力ともいう)がかなり必要です。
いやいや製品のせいではなく6年半放置した自分が悪いんです(笑

で、結果は・・・・リムにこびりついたブレーキダストはほぼ(95%)落ちました。
スポークの裏は少し残ってしまいましたが、やりだすときりがないので次回ということで。いつになることやら。
仕上げにガラス系コーティングなんぞやれば良いのですが、持ち合わせてないのでWAXインシャンプーで
コーティングもどきをしておきました。

ジャッキアップしてホイールを外して一所懸命やっていたため、写真をとる余裕がなかった・・・・
雨が降ってきたためリア2本で挫折。フロント2本の作業後に写真アップしますね。

★4/24追記

残っていたフロントを掃除しました。きちんと比較できるような写真を撮れていませんがアップします。
百聞は一見にしかず・・・ということで、まぁご覧ください。

アングルがバラバラじゃん・・・トーシロ写真の悲しさ
前輪、後輪を2週間に分けていますが一輪あたり1時間、トータルで4時間こすっています。あ〜疲れた。
そうそう、私はクラフトNさんの工作員でもないし、宣伝料はもらっていません。
これだけ苦労したんだから欲しいぐらい(笑

掃除前です。
一応三週間前にホットリムで掃除済み、通常のホイールクリーナーの限界でサビは落とせません。
サビがしつこくこびりついていますね〜

別アングルからもう一枚。サビがきちゃないです。

掃除後です。
まだダストが残っていますが、1時間以上こすってここまで落とせました。
ごめんなさい、水滴を拭き取るのを忘れました。アングルもおかしいですがご容赦を。

もういっちょ別アングルから。
誰も見ない(というか見えない)箇所をここまで奇麗にして意味があるのか・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。