So-net無料ブログ作成
検索選択

Fenix L2D CE シェイクダウン [ライト]

歯医者に行くのは延期しました。ただ先延ばしにしただけです。

で、通勤の帰りにシェイクダウンテストを実施しました。装着はこんな感じ

右側フォーク;Panasonic ゴールドプロジェクタービームランプ(NKL733 日亜Jupiter 1W使用←ワイド配光になっています)
左側カゴの下;ダウングリップL2D CE(Turboモード;スポット気味の配光になっています)

L2D CEは、家の中で点灯した際にはSF-501よりやや暗いかな?と感じましたが、外だとちょうどいいですね。点灯した色は蒼白ではなく、真っ白です。

家の中で撮影した写真比較すると・・・
まずは L2D-CE

つづいて SF-501

違いがわかるでしょうか(汗

<ダウングリップ装着時>
SF-501;かなり拡散。広がり過ぎで無駄に光を使っている。
L2D CE;スポット気味で光束がまとまります。上記のNKL733との併用がオススメ。L2D CEだけだと、スポットが強すぎるかも。

L2D CEのランタイムはまだ計測していません。
Turboモード利用でエネループ使用なら1時間を超過するならいいでしょう。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

ST

どうも、初めまして!少々ライトマニアのSTと申します。
早速ですが、ゴールドプロジェクタービームランプは
どれくらいの範囲(幅)を照らしてくれますか?

自転車に最初から付いているダイナモライトが路面を照らす幅は約30センチでした。前照灯としては役不足すぎますね。
by ST (2007-03-02 23:30) 

taddy

STさん、はじめまして。
>早速ですが、ゴールドプロジェクタービームランプはどれくらいの範囲(幅)を照らしてくれますか?
見た目で判断で恐縮ですが、自分の好みの角度で幅2Mぐらい?
すみません、正確な数値を確認したいのですが、ハブダイナモでしかも暗くならないと点灯しないため正確な計測は実際にはムリです。

NKL733の照射光は青白いため(日亜のLED特性)、路面状況を確認するのはハロゲンランプと比較するとちょっとつらいです。

>自転車に最初から付いているダイナモライトが路面を照らす幅は約30センチでした。前照灯としては役不足すぎますね。

私は目が悪いので30センチしか照らしてくれないライトなら、捨ててしまうかも(笑
リムダイナモならサンデンのハロゲンライトXII-100Lがいいのではないでしょうか。http://www.rakuten.co.jp/thepowerful/1166448/1166469/1169041/
by taddy (2007-03-03 11:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。