So-net無料ブログ作成
検索選択

WWDC2011 iTunes MatchはAppleの巧みなストレージ節約手段 [PC関連]

こんばんわ。

WWDC2011で発表された数々の新技術ですが、そのなかに注目すべきサービスとしてiTunes Matchがありました。
CDリッピングしてiTunesに取り込んだ曲をクラウドサーバ上でマッチングをかけ、256kbpsのAACファイルとしてiPodやiPad、iPhone、AppleTVなどの各デバイス間で共有可能とするものです。クラウドサーバに約1,800万曲のデータが用意されているとのことですが、これってスゴいですよね。なんでかって?

例えば…1曲あたり3MBの音楽データを100万人が別データとしてクラウドサーバにアップロードすると、3テラバイト必要となります。同じデータですから100万人で共用すればストレージは3MBで済むんです。
1,000曲あれば3ペタバイト必要なデータが3GBで済みます。それが1,800万曲あれば…やめとこ(笑)

というふうに分析したヒトは何人いるのかしら…
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。